ミネラルウォーター系広報女子の日記

ふりだしにもどる(し・ω・も)

はてぶはじめました。

みなさんこんばんは!

そしてはじめまして!

 

関西のど田舎から就職を機に2年前に上京、

東京のとあるITベンチャー企業で広報として働いています。

 

こっそりブログをはじめたので、

自己紹介はこれくらいで許してください(笑)

 

ブログなんて久しぶり~

たぶん高校生以来!?

 

当時「モバスペ」や「デコログ」を友人と運営してましたね。

素材サイトから無料のフォーマットを見つけてきて、

HTMLタグなんかも使っちゃって。

懐かしい(´・ω・`)

 

さて、そんなご無沙汰ぶりなブログを

はてなブログで開始しようと思ったかといいますと、

「広報担当として成長したいから」

ただそれだけです。

 

広報職に就いてはや2年。

私が考える「広報担当」にまったく近づけていない

危機感を感じています。

 

★具体的には…

・プレスやメルマガは少し修正レベルでほぼ1発OK

・毎月1本はプレスを配信している

・自社のターゲットとするメディアの記者さんとリレーションが取れている

・「広報担当」としても取材を受ける

・半年、1年先まで広報計画ができており、あとは実行するのみ

・インバウンド数ののびにより、現場から信頼を得る

・他の広報さんとの横のつながり(共同でイベント企画など)

・会社概要が簡潔かつ魅力的に話せる

・定期的な情報発信により、取材に繋げる

・社長や役員はもちろん、現場の声も拾える

 

まだまだ出ます。

てんこ盛り(笑)

 

採用や他部署との兼任はあったものの、

そんなの言い訳ですわ~(´・ω・`)

 

どうしたもんかと悩んでいたところ、

ふとブログをつかって情報発信をしている広報さんたちが

周りにいることに気づきました。

といっても、コーポレートサイトや採用サイト内ですけどね。

 

最初は彼女たちと同じように

広報ブログをはじめようかと思い、

上司に軽く相談してみましたが反応がイマイチ…

 

まあ広報ブログ書く前に、やることてんこ盛りですしね(´・ω・`)

 

目的も

会社の情報を発信した方がいいと思ったから

というレベル。

 

それに文章書くのに時間がかかりすぎるので、

他の仕事に手が回らない可能性もありますね。

 

そこで、以下"3つの力"を磨くために

まずは個人でブログをはじめることにしました!

 

1)実行力

2)文章力

3)情報発信力

 

まず1)実行力

勉強会やセミナー、上司からアドバイスをもらっても

実行しないと意味ないですよね。

やることあるなら、やるしかないですよね。

わかってます、でも出来ていません(´・ω・`)

わかっててやってないとか、ただのなまけものなのです(´・ω・`)

そんななまけものの自分を戒めるために、

【この場を借りて「やります!」宣言】をしちゃいます。

 

つづいて2)文章力

最近上司に言われたのが

「どうして普段こんなに愛嬌あるのに、文章にすると全部なくなるの!」

「あ、文章で伝える必要がこれまでなかったのね…」

などなど。

 

自称、小論文や文章書くのは得意だと思っていたので、

プレスリリースやメルマガの添削でボロクソ言われると

さすがの私も気持ちが折れそうになります。

 

ちゃんと気づいてはいるんです!

書くことが目的になってしまい、

読んでくれる相手のことなんて全然考えられていないことに。

そして、事実から目を背けてても一向に上達しないことも…。

 

今回のブログを機に、

「相手の気持ちに伝わる文章を書けるようになる」はもちろん、

ステキだなと思った文章やコツをまとめ

最終的には

【24時間以内でプレスやメルマガ原稿のOKがでる】ようになります!

 

最後に3)情報発信力

あまり自ら情報を発信して注目されるのは得意ではないですが、

広報という立場上、そうも言ってはいられません!

 

このブログは、

これから一流の広報レディに成長する(予定の)

私の奮闘日記です。

 

日記というより

「日々の成長を少しでも感じるためのメモ」

かもしれません。

 

今回は初回のため

かなり長文になってしまいましたが、

明日からは日々の気づきや課題に対する解決方法などなど

毎日更新していきますね。

 

こんな自己満足なブログを偶然見つけてくれたあなたの

悩みを解決するヒントに少しでもなれれば、

そんな嬉しいことはありません。

 

公開できる範囲で

素直な気持ちをここでは書いていきたいなと思っています。

 

最後までお読みくださり

ありがとうございます。

 

今後とも宜しくお願いします(し・ω・も)